top of page

12月12日(火)第19回産学チャレンジプロジェクト表彰式

皆さんこんにちは!

今週に入りより一層寒くなってきましたね⛄️


今回の担当は、3年木俣憩です!

よろしくお願いします🍀


先週の火曜日に私たち3年生は第19回産学チャレンジプログラムの表彰式に参加して来ました!!


この表彰式には最優秀賞か優秀賞のどちらかに選ばれているチームが参加でき、どちらの賞を受賞しているのか、この表彰式で発表されます。なので、表彰式に参加できたことだけでもとても光栄でした🌟

会場についてからは、このプログラムに当たりお世話になった企業の方々に挨拶、同じテーブルになった他大学の学生との交流などの時間がありました。


私たちは株式会社ヨコソーさんから提示された「建物を建てない建設業だからこそできる、持続可能な経営のための新しいビジネスプランの創出」というテーマに対して提案を考えて来ました。約半年間、最優秀賞を目指して取り組んできたものだったので、結果発表が楽しみでした!会場についてからもずっとドキドキしていました😚



そして、結果発表、、、





私たちは最優秀賞をいただきました🥇




本当にありがとうございます!


この半年間、3人で提案を考えていく中でケンカしたり、先生方とも意見のすれ違いがあったり、本当に大変な期間でした。それでも、このチームで取り組んできた時間は、たくさん考えて、ケンカして、たくさん笑って、3人の絆を深めた時間だったと思います。

これだけでも、私にとっては特別で大切な経験となりましたが、それを最優秀賞という形で締めくくれたことにとても感動しています🥹


結果発表のあと、インタビューコーナーがありました!これは、受賞チームの中からルーレットで当たったチームのリーダーが、みんなの前(約500人の前)でインタビューされるコーナーでした!

そして、村野遥がインタビューされてました笑やっぱり私たちのリーダーは引きがいい👍


その後のコーナーでは、今年の自分の漢字1字をみんなで考えました!

ここでもなんと、森脇詩音がみんなの前で発表しました!




しかも、表彰式の最後に神奈川経済同友会の副会長様から「笑顔が素敵な相模女子大学森脇さん、もう一度立ち上がっていただけますか。皆さんもう一度大きな拍手を!」と、みんなの前で褒められていました笑



私たちは、ゼミ以外でも個々に別の活動をしていたのでかなり忙しい日々でしたが、3人で苦楽をともにし、切磋琢磨できたと思います。

提案を考えていく中での学びの他にも、メンバーの村野遥と森脇詩音から多くのことを学ぶことができ、2人のおかげで楽しい時間を過ごせました!この2人と一緒にいると笑顔が絶えません😆本当に私の人生において大切な時間を過ごすことができました。

本当にありがとう!!





ここからは、2人からのコメントです!

森脇詩音

今振り返ると大学生活の中で1番の青春だったかと思います(まだ卒業まで後一年あるけど⭐️)


活動を通してチームで何か一つのことをやることの難しさを感じましたし、その中で自分はどう動いたらいいのか学びのある半年でした!


今回は1チームで賞を取れなかったら小泉ゼミのこれまでの歴史を覆してしまうというプレッシャーの中で活動してました。


とりあえず、小泉ゼミの歴史を覆すことなく終えれてよかったです、、


村野遥

半年間という長い期間をかけてひとつの事をチームでやり遂げる経験は、大学に入ってから初めてでした。

足りないところを補い合い、切磋琢磨しながらチーム活動をしたことで、それぞれが持つ能力をより伸ばしながら、全体的に成長できたと感じます。

ゼミから1チームしかでないということもあり、プレッシャーもありましたが、最優秀賞をとる事ができ、よかったです!



最後に、半年間ご指導いただいた小泉先生、杉山先生、たくさんのアドバイスをくださった先輩方、ご協力いただいた皆様に感謝を伝えたいです。

本当にありがとうございました✨


遥と詩音!本当にありがとう!

2人と一緒に頑張れてよかった🤍



最後まで読んでいただきありがとうございました😊

また、次のブログもお楽しみに👋

閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page